シラバス

Common Subjects/共通科目(Introduction Subjects/ヒューマニクス入門科目)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE001 Humanics Forum
ヒューマニクス研究フォーラム
1.0 春A   集中
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史   1
授業内容 備考
Humanics Forum aims to lead the students to find a secondary mentor and to learn the purpose of human resource development and program curricula of the Ph.D. Program in Humanics. Listening to presentations by faculty members and practical lectures by academic researchers, government administrators, and entrepreneurs or researchers who successfully work at business companies. In this seminar, the students will have discussions with their classmates on their study proposals and future career paths, and write a report on their learning objectives and future directions of their study. 英語で授業。4/19 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE002 Scientific Ethics
科学倫理
1.0 春AB 4F204 水4
担当教員 標準履修年次 授業方法
Mathis Bryan James  1-2 1
授業内容 備考

本科目は、従来の講義形式とソクラティックメソッドを用いた双方向的な形式で行う。講義時間外 の課題として、学生は精力的なグループディスカッションや感想文の作成が求められる。iTunes でのデジタル・ラーニングが、双方向的な講義を可能にする。

This course will use traditional lectures and interactive presentations in the Socratic method for didactic learning. Students will also convene into groups for intensive discussion and reaction papers will be issued as homework to carry the learning outside of the classroom. Digital learning through iTunes modules will reinforce concepts using interactive technology.

HBPとコードシェア 01EQ061, 02RA065と同一。 英語で授業。 ヒューマンバイオロジー学位プログラム1年次必修

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE003 生命医科学基礎実習 2.0 通年   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史  1・2 3
授業内容 備考
Through working in the laboratories run by program faculty members in Biomedical sciences, the students should be able to understand the outline of the faculty members’ researches and the principles of the fundamental experimental techniques involved. They will also practice the techniques learnt. 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE004 理工情報学基礎実習 2.0 通年   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
安東 弘泰  1・2 3
授業内容 備考
Through working in the laboratories run by program faculty members in Physical sciences/Engineering/Informatics, the students should be able to understand the outline of the faculty members’ researches and the principles of the fundamental experimental techniques involved. They will also practice the techniques learnt. 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE005 臨床医学演習 1.0 通年   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
島野 仁  1・2 2
授業内容 備考
Through participating in the laboratories/clinical departments run by program faculty members in Clinical medicine, the students should be able to understand the outline of the faculty members’ researches and the principles of the fundamental techniques involved. They will also practice the techniques learnt. 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

 

共通科目(トランスフェラブルスキル)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE101 English Discussion & Presentation on Medical Sciences I 2.0 春AB   金 (10:00-12:30)
担当教員 標準履修年次 授業方法
入江 賢児, 鈴木 裕之, 水野 智亮, 須田 恭之 1-5 2
授業内容 備考

インターネット回線を使った国立台湾大学、京都大学との交流授業、英語による論文紹介と討論 を通して、生命科学の知識、および英語によるサイエンスコミュニケーション能力を身につける。I では主に細胞の分子生物学について学修する。

Focusing on molecular biology of the cell, International Discussion on Human Biology I provides the opportunities for the students to have interactive online distance learning with the National Taiwan Univesrity and Kyoto Univesrity, and to engage in thesis presentation and discussion conducted in English. In this course, the students should be able to understand basic knowledge of life sciences and acquire scientific communication skills in English.

01EQ050と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE102 English Discussion & Presentation on Medical Sciences II 2.0 秋AB   水1,2
担当教員 標準履修年次 授業方法
入江 賢児, 加藤 光保, 高橋 智, 鈴木 裕之, 川口 敦史, 須田 恭之, 船越 祐司, 水野 智亮 1-5 2
授業内容 備考

インターネット回線を使った国立台湾大学、京都大学との交流授業、英語による論文紹介と討論 を通して、生命科学の知識、および英語によるサイエンスコミュニケーション能力を身につける。I では主に細胞の分子生物学について学修する。

Focusing on molecular biology of the cell, International Discussion on Human Biology I provides the opportunities for the students to have interactive online distance learning with the National Taiwan Univesrity and Kyoto Univesrity, and to engage in thesis presentation and discussion conducted in English. In this course, the students should be able to understand basic knowledge of life sciences and acquire scientific communication skills in English.

01EQ051, 01ER233と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE103 ヒューマンバイオロジーのコミュニケーションI 1.0 春AB 4A104 月2
担当教員 標準履修年次 授業方法
Ho Kiong 1-5 2
授業内容 備考
文献に基づいたセミナー形式の講義において、ヒューマン・バイオロジーに多大なる影響を及ぼしている最新の科学的ブレイクスルー(飛躍的に進歩を遂げた)研究および古典的テーマについて、評価ならびに再考察を行う。 02RA070と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE104 ヒューマンバイオロジーのコミュニケーションII 1.0 秋BC   月2
担当教員 標準履修年次 授業方法
Ho Kiong 1-5 2
授業内容 備考
文献に基づいたセミナー形式の講義において、ヒューマン・バイオロジーに多大なる影響を及ぼしている最新の科学的ブレイクスルー(飛躍的に進歩を遂げた)研究および古典的テーマについて、評価ならびに再考察を行う。 02RA080と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE105 研究発表と討論 1.0 春ABC 4F305 水2
担当教員 標準履修年次 授業方法
鈴木 裕之 2-5 2
授業内容 備考
自分自身の研究計画や研究成果について、英語で発表し、当該分野の世界の状況をふまえて考察できるとともに、ヒューマンバイオロジーの広い分野の英語での研究発表を理解し、英語で討論する。 02RA101と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE106

Scientific writing and publishing

1.0 通年   応談
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1  
授業内容 備考

In this course, students study about the scientific writing and publishing including what makes a great paper, data management, data presentation and so on. This course will also address plagiarism and other ethical issues.

02RA101と同一。 英語で授業。

 

共通科目(課題設定力科目)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE201 World-science Leaders’ Seminar
世界のサイエンスリーダーズセミナー
1.0 通年 総合A706 応談
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1・2 1
授業内容 備考
世界をリードする研究者の専門分野における基礎知識と最近の研究動向を講演から学び、その内容や関連事項についてメンター教員と討論を行うことにより、研究発表と討論の方法を習得すると同時に、研究に関する専門力と目利き力を養う。また、レポートを作成し、研究の進め方について理解を深め、研究遂行能力を養う。 02RA020と同一。 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE202 Business Leaders’ Seminar
ビジネスリーダーズセミナー
1.0 通年 総合A706 応談
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1・2 1
授業内容 備考
ビジネスリーダーらによるオムニバス形式の講演を聞き、その要点と自身へのフィードバックをレポートで提出する。 02RA030と同一。 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

 

共通科目(研究実行力科目)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE301 国際ラボローテーション 5.0 通年   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1-5 3
授業内容 備考
This course offers the students the opportunity to select one or two laboratories that they are interested in from those hosted by the faculty members of the Ph.D. Program in Humanics. The students will then engage in their own research in the laboratories for 4 weeks and discuss with their instructors its objectives, procedures and results. In this course, students should be able to acquire a wide range of research techniques and develop their skills for analysis of research results and get an international mindset. 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE302 インターンシップ 5.0 通年   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1-5 3
授業内容 備考
In this course, the students are expected to find a possible company for internship and work on-site. 英語で授業。適正技術教育

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE303 適正技術教育 5.0 通年   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
入江 賢児 1-5 3
授業内容 備考
現地のニーズ、文化、環境、人などを考慮したうえで、現地の人に必要とされる最善の技術を創出する。それにより、これからの社会で必要とされる問題解決力、現場対応力、起業力を身につける。 02RA113と同一。 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE304 医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス 1.0 秋ABC   応談
担当教員 標準履修年次 授業方法
橋本 幸一 1-5 1
授業内容 備考
医薬品・医療機器の開発はの薬事法による規制を遵守して実施しなければならない。薬事法による規制と承認審査について体系的に理解する。また、医薬品・医療機器等の品質・安全性・有効性の試験結果を的確に評価するための基盤となる科学(レギュラトリーサイエンス)の概念についても学習する。  01EQ133と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE305 橋渡し研究概論 2.0 秋AB 4F204 月6,7
担当教員 標準履修年次 授業方法
橋本 幸一, 松阪 諭, 鶴嶋 英夫, 村谷 匡史, 小島 崇宏, 町野 毅, 山田 武史 1-5 1
授業内容 備考

医薬品や医療機器(治療器具、医用材料、治療・診断装置など)等の開発・応用において科学技 術的シーズが如何にして臨床現場におけるニーズに結びつけられているかの全体プロセスを理 解 する。併せてそのプロセスの効率的な運用のために必須な各種の先進的技術、経済的要因、各 種規制・手続き、人材等について理解する。

 01EQ119, 01ER232と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE306 研究マネジメント基礎 1.0 春C 4F204 応談
担当教員 標準履修年次 授業方法
橋本 幸一 1-5 1
授業内容 備考
研究開発を中心とした各種プロジェクトの推進に必要な様々な専門知識とスキルの基礎を習得する。  01EQ016と同一。

 

 

Basic Specialized Subjects/専門基礎科目(Basic Subjects/基礎科目群)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE501 生命医科学概論 1.0 通年   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1 1
授業内容 備考

In this course, students study about the general aspects of biomedical sciences including the central dogma of eukaryotic cells and physiology/pathophysiology of humans. This course provides you understand the technical terms and establish the basis for proceeding to the specialized subjects.

英語で授業。 選択必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE502 理工情報学概論(基礎数学・アルゴリズム) 1.0 通年   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
鈴木 健嗣, 堀江 和正 1 1
授業内容 備考

In this course, students study about the general aspects of physical sciences, engineering, and informatics related to humanics including cybernics, artificial intelligence, basic mathematics and computer science. The process of developing a mathematical model from real phenomena is introduced. Topics include recent advancement in these technologies including AI, robotics, and cybernics. This course provides you understand the technical terms and establish the basis for proceeding to the specialized subjects.

英語で授業。 選択攻必修科目。

 

Basic Specialized Subjects/専門基礎科目(Biomedical Science/生命医科学系科目群)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE601 ヒトの感染と免疫 2.0 春AB 4F204 月3,4
担当教員 標準履修年次 授業方法
渋谷 彰, 住田 孝之, 森川 一也, 川口 敦史, 渋谷 和子, 竹内 薫, Ho Kiong, 田原 聡子, 小田 ちぐさ, 加藤 広介, 鍋倉 宰 1・2 1
授業内容 備考

病原微生物とヒトの相互関係について、病原微生物の特質と生体防御機構としての免疫から考 察し、ヒトの感染症について理解する。

Human Infection and Immunology provides the opportunity for the students to understand infectious diseases through interrelationships between pathogenic microbes and human beings, and study roles of immune systems. The roles of immune systems are to protect the human body from infectious disease.

HBPとコードシェア 01EQ131と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE602 神経科学特論 1.0 春A   火・木7
担当教員 標準履修年次 授業方法
柳沢 正史, 櫻井 武, 船戸 弘正, 長瀬 博, Liu Qinghua, 阿部 高志, 坂口 昌徳, 林 悠, Lazarus Michael, 本城 咲季子 1・2 1
授業内容 備考
神経科学分野において重要な論文を読み、内容を深く理解することで、基礎から応用までの幅広い知識を養う。 HBPとコードシェア 01EQ052, 01RC105, 02RA185と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE603 エピゲノム生理学 1.0 春C 総合A706 月5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
深水 昭吉, 加香 孝一郎, 廣田 恵子 1・2 2
授業内容 備考
2つの遺伝情報(ゲノムとエピゲノム)について、生物学的重要性を概説する。また、学生は、2つの遺伝情報に関して自ら選ぶテーマでプレゼンテーションし、質疑応答によって理解を深める。 02RA232と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE604 幹細胞再生医学 1.0 春AB 4F204 木3
担当教員 標準履修年次 授業方法
大根田 修, 山下 年晴 1・2 1
授業内容 備考

ヒト幹細胞に対する基礎知識を修得し、実際の幹細胞治療の現状と問題点を理解するとともに、 将来の幹細胞治療法について討論する。

Stem Cell Therapy engages the students in basic knowledge and application of human stem cells. The students will learn current existing stem cell therapy and also have discussions on future directions of stem cell therapy.

HBPとコードシェア 01EQ132と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE605 人体解剖学・発生学 2.0 秋AB 総合A706 月3,4
担当教員 標準履修年次 授業方法
高橋 智 1・2 1
授業内容 備考
生物の一種としてのヒトの体の構造を細胞、組織、臓器、器官系として理解するとともに、ヒトの発生を理解する。 02RA120と同一。 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE606 遺伝子工学と遺伝子改変マウス 1.0 春ABC 4B119 火5
担当教員 標準履修年次 授業方法
高橋 智 1・2 2
授業内容 備考
遺伝子工学の基本的技術と、その応用である遺伝子改変マウス作製の原理を理解する。また、自身の研究における利用について討論する。 02RA231と同一。 英語で授業。 遺伝子組換え実験を含む

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE607 人体病理学・腫瘍学 2.0 秋AB   金4,5
担当教員 標準履修年次 授業方法
加藤 光保 1・2 1
授業内容 備考
ヒトの病気の原因、発生機序、形態変化について、循環障害(浮腫、血栓症、梗塞など)、炎症、腫瘍などの基礎的な疾患概念を理解するとともに、代表的な疾患の病理標本を観察して生体内で何が起こっているのかを理解できるようになる。 01ER239, 02RA121と同一。 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE608 人体生理学特論 1.0 春A   木4,5
担当教員 標準履修年次 授業方法
設樂 宗孝, 松本 正幸, 小金澤 禎史, 水挽 貴至, 山田 洋 1・2 1
授業内容 備考
人体機能のメカニズムに関する様々なトピックを学習する。トピック:循環、呼吸、前頭前野、中脳ドーパミンニューロン、視覚認識、意思決定の神経経済学、情動とモチベーション等。 01EQ045と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE609 ゲノミクスデータベースへのアクセスと利用 1.0 春C 4B212 金5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
村谷 匡史 1・2 2
授業内容 備考
本演習では実際にコンピューター端末を用いて、ゲノミクスデータのダウンロードと第2世代シークエンシングデータの解析を経験することにより、ウェブツールを用いた解析、およびLinux環境でのシェルスクリプティングを用いた解析フローの構築の基礎を学ぶ。 02RA302と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE611 薬理学 1.0 春AB 4F204 月5
担当教員 標準履修年次 授業方法
桝 正幸, 櫻井 武, 大林 典彦, 塩見 健輔, 桝 和子, 三輪 佳宏, 岡田 拓也, 船越 祐司 1・2 1
授業内容 備考
1.医学領域における薬理学の概念について学ぶ。 2.生体と内因性及び外因性生理活性物質の相互作用を分子、遺伝子、細胞、個体レベルで学び、薬物・毒物の薬理作用の基本について学ぶ。 01EQ107と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE612 創薬フロンティア科学 1.0 秋AB 4F204 水5
担当教員 標準履修年次 授業方法
高橋 智 1・2 1
授業内容 備考
コンピュータシミュレーション技術を駆使した論理的な新 薬開発のプロセスを俯瞰的に基礎から理解する。創薬 リード化合物のin silico スクリーニング/分子設計及びコンビナトリアルケミストリー手法による化学合成から薬物体内動態研究の動向等を学び、医学-薬学の連関を深める。 02RA180と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE613 生理活性天然物化学特論 2.0 秋AB 生農G501 火5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
繁森 英幸 1・2 1
授業内容 備考
生物の神秘的な生命現象や不思議な生物現象に関わる天然生理活性物質の構造と機能について,天然物化学,生物有機化学的観点から解説するとともに,これらの物質が関与する医薬品や農薬の開発に関して最近のトピックスを交えながら紹介する. 01AB830と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE614 シグナル伝達と創薬デザイン 1.0 春AB 総合A706 木2
担当教員 標準履修年次 授業方法
船越 祐司 1・2 1
授業内容 備考
細胞機能を制御する細胞内反応、すなわちシグナル伝達について学習し、さらには、シグナル伝達の破綻が引き起こす疾患について学ぶ。これらを理解した上で、これまでに開発された薬と新薬を開発するためのストラテジーについて学び、創薬研究の基礎知識を習得する。 02RA233と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE615 ヒトの内分泌・代謝学 2.0 春AB   火3,4
担当教員 標準履修年次 授業方法
島野 仁 1・2 1
授業内容 備考
内分泌組織の発生・解剖・機能、糖脂質代謝に関する生化学、ホルモンの生理機能とホルモン異常の病態について学習し、ヒトの内分泌代謝疾患の成因と発症に至る病態生理について理論的に理解する能力を養う。 02RA123と同一。 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE616 内科学概論 2.0 秋AB 4F204 水7, 木6
担当教員 標準履修年次 授業方法
山縣 邦弘, 青沼 和隆, 鴨田 知博, 川上 康, 久賀 圭祐, 島野 仁, 高田 英俊, 玉岡 晃, 千葉 滋, 濱田 洋実, 檜澤 伸之, 兵頭 一之介, 渡邉 重行, 齋藤 知栄, 瀬尾 由広, 長谷川 雄一, 宮園 弥生, 松野 洋輔, 石井 亜紀子, 近藤 裕也 1・2 1
授業内容 備考
内科学、小児科学の概要について、特に成人、小児の基本的疾患について疾患概念、発症機序、診断、治療の概要について学ぶ。 01EQ031と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE617 外科学概論 1.0 秋AB 4F204 木5
担当教員 標準履修年次 授業方法
佐藤 幸夫, 井上 貴昭, 倉田 昌直, 平松 祐司, 増本 幸二, 猪股 伸一, 鶴嶋 英夫, 三島 初, 和田 哲郎, 鎌田 浩史 1・2 1
授業内容 備考
外科学の概要を、各科の基本的疾患を中心にそれらの疾患概念、発症機序、診断、治療について学ぶ。 01EQ032と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE618 臨床検査総論 1.0 秋AB 4F204 金3
担当教員 標準履修年次 授業方法
川上 康, 竹越 一博, 山内 一由, 石津 智子, 磯部 和正, 加藤 貴康 1・2 1
授業内容 備考
分子生物学の進歩に伴い臨床検査分野でも遺伝子解析技術などの新しい技術が導入され、分子レベルでの”疾患の病態生理学”が構築されようとしている。本検査総論では、実際に疾患をとりあげ、最新の臨床検査医学を概説する。 01EQ034と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE619 生化学・分子生物学 1.0 春AB 4F204 月1
担当教員 標準履修年次 授業方法
入江 賢児 1・2 1
授業内容 備考
ヒト生体分子の構造と機能、代謝について学習し、分子レベルの生命現象を理解する。また、細胞の構造と機能についても学習し、細胞レベルの生命現象における分子機能の役割を理解する。 02RA130と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE620 分子細胞生物学 1.0 秋AB 総合A706 火3
担当教員 標準履修年次 授業方法
千葉 智樹 1・2 1
授業内容 備考
細胞内の基本的な生命現象について、その分子メカニズムに関する最新のトピックスを紹介し、議論する。 02RA140と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE621 臨床医学概論 2.0 秋AB 4F204 火1,2
担当教員 標準履修年次 授業方法
正田 純一, 新井 哲明, 川上 康, 榮 武二, 住田 孝之, 竹越 一博, 玉岡 晃, 千葉 滋, 西山 博之, 二宮 治彦, 髙橋 伸二, 森 健作, 磯部 和正, 大原 佑介 1・2 1
授業内容 備考
臨床医学の実践とは病める人を対象として、その人の持つ問題点を抽出し、それを把握した上で、その人の価値観と決定に従って治療することである。そしてその患者に満足してもらい幸せになってもらうことを目指している。このような臨床医学の基本的事項と分化した各専門分野の現状についても理解する。 【橋必修】電子・物理工学専攻「医工学コース」 01EQ004と同一。

 

専門基礎科目(理工情報学系科目群)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE701 メディカルサイバニクス 2.0 秋AB 3L206 水3,4
担当教員 標準履修年次 授業方法
山海 嘉之, 鈴木 健嗣, 河本 浩明, Puentes Sandra Milena 1・2 1
授業内容 備考
医療・福祉・生活分野等における様々な社会課題を解決するため、サイバネティクス、メカトロニクス、インフォマティクスを中心とし、脳・神経科学、ロボット工学、生理学、IT 技術、行動科学、心理学、法律、倫理学、感性学を融合複合した新領域「サイバニクス」(人・ロボット・情報系の融合複合領域)について講義を行う。特に最先端人支援技術・最先端医療技術・社会実装等を事例として基礎から実際までを講究する。 本プログラムの学生以外が受講する場合は担当教員の許可を得ること.01CK203の単位取得者は履修不可. 西暦奇数年度開講。 02RB202と同一。 所属主専攻の科目番号で履修登録すること。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE702 計算構造生物学・創薬 1.0 秋A   月3-5
担当教員 標準履修年次 授業方法
広川 貴次, 庄司 光男, 重田 育照 1・2 1
授業内容 備考

生命の機能や情報はタンパク質や核酸のような生体分子が担っている。したがって、生命現象 の基本原理を明らかにするためには、生体内における分子の構造機能相関(3次元構造と生命 機能の関係)の理解が必須である。これまで実験を用いた研究が多くなされているが、その過程 が複雑すぎるため、近年、計算機を用いた研究の重要性が増している。本コースでは、計算機 による生体内分子の構造と機能の解析、および計算創薬の方法を習得するとともに、実習に よってその理解を深めることを目的としている。

Biological functions and information are carried by biomolecules in vivo such as proteins and nucleic acids. Therefore, in order to clarify the basic principle of life phenomena, it is indispensable to understand the structure-function relationships (relation between three-dimensional structure and its biological function) of biomolecules in the living body. Although the relation has been clarified by experimental methods so far, detailed analysis by a computer simulation becomes important in recent years since its mechanisms are extremely complicated. The purpose of this lecture is to learn techniques of structure and function analysis and drug discovery using computers and to deepen their understanding by practical training.

02RA225と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE703 データ工学特論I 2.0 秋AB 総合B0110 月3,4
担当教員 標準履修年次 授業方法
北川 博之, 天笠 俊之, 塩川 浩昭 1・2 1
授業内容 備考
データマイニングを中心とした大規模データを対象とした先端データ工学技術について論じる。まず、基礎となるデータベース技術、情報検索技術について概観した後、データマイニングの主要な手法と関連するトピックを取り上げる。 01CH304と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE704 データ工学特論II 2.0      
担当教員 標準履修年次 授業方法
  1・2 1
授業内容 備考
各種の大規模データを対象とした検索支援や知識獲得を中心とした情報検索手法について論じる.まず基本手法についての概論を示し,続いて,検索支援技法,リンク解析等のWebを対象とした各種の知識獲得技法,および,その周辺の話題を取り上げる. 西暦偶数年度開講。 01CH305と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE705 データ解析特論 2.0 秋AB 3B405 木5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
鈴木 大三, 馬場 雪乃, 津川 翔 1・2 1
授業内容 備考
研究成果の評価を行う上で重要となるデータ解析について,基礎から最新の手法に至る重要なトピックについて論じ,Rをはじめとするツールを用いた演習を行う. 01CF115, 01CH738と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE706 視覚計算特論 1.0 春AB 3B302 木3
担当教員 標準履修年次 授業方法
酒井 宏 1・2 1
授業内容 備考
ヒトの視覚が示す高度な知覚・認識に注目して,生理学・心理学の基礎を交えて,大脳皮質で行われている計算メカニズムを概説する。 01CH607, 02RB235と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE707 数理アルゴリズム特論 2.0 秋AB 総合B0110 金3,4
担当教員 標準履修年次 授業方法
櫻井 鉄也, 多田野 寛人, 今倉 暁, 齊藤 秀 1・2 4
授業内容 備考

本講義では、計算科学の手法を用いて現象を予測・解析するときに必要となる計算アルゴリズ ムについて、とくに大規模な線形計算を中心に講義する。

西暦奇数年度開講。 01CH103, 02RA215と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE708 信号画像処理特論I 1.0 春A 3A306 月5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
工藤 博幸 1・2 1
授業内容 備考
マルチメディアの基盤技術である画像・音声などのメディア情報の符号化(圧縮)と呼ばれる分野について解説する。 01CH508と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE709 信号画像処理特論II 1.0 春B 3A306 月5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
鈴木 大三 1・2 1
授業内容 備考
マルチメディアの技術である高度なフィルタによる画像処理への応用について解説する。  01CH509と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE710 信号画像処理特論III 1.0 春C 3A306 月5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
滝沢 穂高 1・2 1
授業内容 備考
マルチメディアにおける信号画像処理,医用イメージングや計算機診断支援などのトピックスに関して,年度に応じて適当なものを取り上げて解説する. 01CH510と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE711 基礎計算生物学 2.0 秋AB 3B301 木1,2
担当教員 標準履修年次 授業方法
櫻井 鉄也, 稲垣 祐司, 庄司 光男, 牧野 昭二, 佐藤 三久, 保國 惠一 1・2 1
授業内容 備考

本講義では、計算機を用いて生物学で現れる各種の問題を解くための基礎的な手法について 理解する。分子系統解析、分子動力学法、現象のモデル化とアルゴリズム、高性能計算、成分 分析法について説明する。

 01CH107, 02RA210と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE712 ヒューマンエージェントインタラクション 2.0 秋AB 3B402 水1,2
担当教員 標準履修年次 授業方法
葛岡 英明, 大澤 博隆 1・2 1
授業内容 備考

ヒューマンインタフェースに関する基礎的な知識を身につけ、自分の研究に生かせるようになる。 また、ヒューマンエージェントインタラクション(HAI)に関する設計事例や評価事例を通して、HAI 分野の背景知識を学ぶ。受講者が、「人間らしさ」を用いたインタラクションシステムを設計する 際に適切な設計ができるスキルを身に付けるとともに、適切な評価手法を選べるようになること を目標とする。

01CK216と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE713 物質分光分析 2.0 秋AB 3A212 水3,4
担当教員 標準履修年次 授業方法
加納 英明, 冨田 成夫 1・2 1
授業内容 備考
今日,機能材料の評価に頻繁に用いられる物理的手段による分析法のうち,電磁波および荷電粒子線を用いた分光・分析法について,その基礎となる物理と実際の分析機器の動作原理,構造について学ぶ. 01BF204と同一。 要望があれば英語で授業

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE714 生物有機化学特論 1.0      
担当教員 標準履修年次 授業方法
  1・2 1
授業内容 備考
生物活性天然有機化合物の構造と生体標的分子との相互作用について講義する。また、生命機能解明のための有機合成の役割の一つである多段階合成について、解説する。 西暦偶数年度開講。 01BD156と同一。 要望があれば英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE715 生体材料 1.0 秋AB 3A405 月2
担当教員 標準履修年次 授業方法
田口 哲志, 陳 国平 1・2 1
授業内容 備考
生きた生体組織に直接的に接触する金属、セラミックス、高分子及び生体由来の生体材料の合成及び性質の基礎を紹介し、生体材料と細胞との相互作用、生体適合性と生体吸収性、表面修飾、接着剤、薬物送達システム、組織置換と再生及び組織工学などを重点において講義する。本講義は英語で行う。 01BG509と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE716 ヒューマンファクター特論 1.0 夏季休暇   集中
担当教員 標準履修年次 授業方法
田口 哲志, 陳 国平 1・2 1
授業内容 備考

リスク・レジリエンスに関するヒューマンファクターの諸問題について基礎的概念・理論を説明す るとともに,具体的解決の方法について,自動車等の分野における最新の研究動向を含めながら 事例を解説する。

01CF119と同一。 

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE717 プログラミング環境特論 2.0 秋AB 3B301 木5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
建部 修見, 佐藤 三久 1・2 1
授業内容 備考
並列プログラミングやオブジェクト指向プログラミングなど高度な情報処理システムを実現するソフトウェアの開発のための最先端プログラミング言語処理系および開発環境について、論じる。 01CH301と同一。 英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE718 システムプログラミング特論 2.0 秋AB 3B302 月5,6
担当教員 標準履修年次 授業方法
前田 敦司, 建部 修見 1・2 1
授業内容 備考
システムの設計・開発の基礎となるシステムプログラミングについて、実例をあげて講義し、実習を行う。 01CH307と同一。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE719 生体高分子の構造生物学 1.0 春B 総合A706 火1,2
担当教員 標準履修年次 授業方法
千田 俊哉 1・2 1
授業内容 備考
生体高分子(タンパク質や核酸)は、細胞内においてその機能を発揮する際に特有の立体構造を必要とする。構造生物学は生体高分子の構造を明らかし、それらが機能するメカニズムを分子/原子レベルで明らかにしようとする研究分野である。本コースでは、様々な構造生物学的手法を理解し、それらを用いてどのように生命科学や医化学に応用されていくかを学ぶ。 02RA181と同一。 英語で授業。 5/28,6/4,6/11,6/18,6/25

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE720 人工知能特論 2.0 春AB 3B402 月1,2
担当教員 標準履修年次 授業方法
鈴木 健嗣 1・2 1
授業内容 備考
物理・情報・機械・心理学・認知神経科学を含む人間-機械系の幅広い視点から人工知能研究について解説し,パターン理解・認知・学習や知識表現といった先進的な概念と,知能システム及び身体性のある知能機械(ロボット)・人支援技術への応用について講義する. 02RB204の単位取得者は履修不可 西暦奇数年度開講。 01CK106と同一。

 

 

ヒューマニクス専門科目(基礎実験)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE801 Special Research in Humanics Ia
ヒューマニクス基礎実験 Ia
2.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1 3
授業内容 備考
In the Special Research in Humanics Ia, the students will gain practical understanding of the principles and methods of advanced research skills in the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE802 Special Research in Humanics Ib
ヒューマニクス基礎実験 Ib
2.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1  
授業内容 備考
In the Special Research in Humanics Ib, the students will gain practical understanding of the principles and methods of advanced research skills in the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE803 Special Research in Humanics IIa
ヒューマニクス基礎実験 IIa
2.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 2 3
授業内容 備考
In the Special Research in Humanics IIa, the students will gain practical understanding of the principles and methods of advanced research skills in the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE804 Special Research in Humanics IIb
ヒューマニクス基礎実験 IIb
2.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 2 3
授業内容 備考
In the Special Research in Humanics IIb, the students will gain practical understanding of the principles and methods of advanced research skills in the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. 英語で授業。 主専攻必修科目。 所属主専攻の科目番号で履修登録すること。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE805 Special Research in Humanics IIIa
ヒューマニクス基礎実験 IIIa
2.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 3-5 3
授業内容 備考
In the Special Research in Humanics IIIa, the students will gain practical understanding of the principles and methods of advanced research skills in the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE806 Special Research in Humanics IIIb
ヒューマニクス基礎実験 IIIb
2.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 3-5 3
授業内容 備考
In the Special Research in Humanics IIIb, the students will gain practical understanding of the principles and methods of advanced research skills in the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. 英語で授業。 主専攻必修科目。

 

ヒューマニクス専門科目(演習)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE821 Special Seminars in Humanics Ia
ヒューマ二クス演習 Ia
1.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1 2
授業内容 備考
Special Seminars in Humanics Ia engages the students in the journal club of the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest original research papers, the students should be able to understand the research objectives, methods, and results, and also have advanced discussions on the meanings, problems, and issues facing the research. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE822 Special Seminars in Humanics Ib
ヒューマ二クス演習 Ib
1.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1 2
授業内容 備考
Special Seminars in Humanics Ib engages the students in the journal club of the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest original research papers, the students should be able to understand the research objectives, methods, and results, and also have advanced discussions on the meanings, problems, and issues facing the research. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE823 Special Seminars in Humanics IIa
ヒューマ二クス演習 IIa
1.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 2 2
授業内容 備考
Special Seminars in Humanics IIa engages the students in the journal club of the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest original research papers, the students should be able to understand the research objectives, methods, and results, and also have advanced discussions on the meanings, problems, and issues facing the research. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE824 Special Seminars in Humanics IIb
ヒューマ二クス演習 IIb
1.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 2 2
授業内容 備考
Special Seminars in Humanics IIb engages the students in the journal club of the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest original research papers, the students should be able to understand the research objectives, methods, and results, and also have advanced discussions on the meanings, problems, and issues facing the research. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE825 Special Seminars in Humanics IIIa
ヒューマ二クス演習 IIIa
1.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 3-5 2
授業内容 備考
Special Seminars in Humanics IIIa engages the students in the journal club of the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest original research papers, the students should be able to understand the research objectives, methods, and results, and also have advanced discussions on the meanings, problems, and issues facing the research. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE826 Special Seminars in Humanics IIIb
ヒューマ二クス演習 IIIb
1.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 3-5 2
授業内容 備考
Special Seminars in Humanics IIIb engages the students in the journal club of the particular laboratory which offers the specialized area of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest original research papers, the students should be able to understand the research objectives, methods, and results, and also have advanced discussions on the meanings, problems, and issues facing the research. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

ヒューマニクス専門科目(特論)

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE841 Special Lectures in Humanics Ia
ヒューマ二クス特論 Ia
1.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1 2
授業内容 備考
Special Lectures in Humanics Ia provides the opportunity for the students to attend the research progress meetings of the particular laboratory which offers specialized areas of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest research presentations, the students will have discussions on research achievements, learn professional knowledge, and develop their advanced skills to proceed with research activities. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE842 Special Lectures in Humanics Ib
ヒューマ二クス特論 Ib
1.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 1 2
授業内容 備考
Special Lectures in Humanics Ib provides the opportunity for the students to attend the research progress meetings of the particular laboratory which offers specialized areas of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest research presentations, the students will have discussions on research achievements, learn professional knowledge, and develop their advanced skills to proceed with research activities. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE843 Special Lectures in Humanics IIa
ヒューマ二クス特論 IIa
1.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 2 2
授業内容 備考
Special Lectures in Humanics IIa provides the opportunity for the students to attend the research progress meetings of the particular laboratory which offers specialized areas of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest research presentations, the students will have discussions on research achievements, learn professional knowledge, and develop their advanced skills to proceed with research activities. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE844 Special Lectures in Humanics IIb
ヒューマ二クス特論 IIb
1.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 2 2
授業内容 備考
Special Lectures in Humanics IIb provides the opportunity for the students to attend the research progress meetings of the particular laboratory which offers specialized areas of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest research presentations, the students will have discussions on research achievements, learn professional knowledge, and develop their advanced skills to proceed with research activities. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE845 Special Lectures in Humanics IIIa
ヒューマ二クス特論 IIIa
1.0 春ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 3-5 2
授業内容 備考
Special Lectures in Humanics IIIa provides the opportunity for the students to attend the research progress meetings of the particular laboratory which offers specialized areas of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest research presentations, the students will have discussions on research achievements, learn professional knowledge, and develop their advanced skills to proceed with research activities. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

科目番号 科目名 単位数 実施時期 教室 曜学期
02RE846 Special Lectures in Humanics IIIb
ヒューマニクス特論 IIIb
1.0 秋ABC   随時
担当教員 標準履修年次 授業方法
川口 敦史 3-5 2
授業内容 備考
Special Lectures in Humanics IIIb provides the opportunity for the students to attend the research progress meetings of the particular laboratory which offers specialized areas of study that the students will aspire to focus on. Featuring the latest research presentations, the students will have discussions on research achievements, learn professional knowledge, and develop their advanced skills to proceed with research activities. Compulsory subject
Lectured in English

主専攻必修科目。
英語で授業。

 

pagetop